AGAかも?そう思ったら先ずはお医者さんに相談

 

男性型脱毛症、通称「AGA」はその名の通り男性特有の脱毛症です。

簡単に言うと、20代から50代の「若ハゲ」のことです。

人間誰しも、加齢によって髪の毛は薄くなるものですが、

20代から50代という加齢を原因にするには若すぎる薄毛全般を指します。

具体的な症状としては、髪の毛全体が薄くなったり…、

或いは、生え際や頭頂部が部分的に薄くなるのが特徴と言えます。

最近抜毛が増えたような…、

昔に比べると髪の毛のボリュームが少なくなった気がする…、

生え際や頭頂部が明らかに目立つようになってきた…、

そんな方の多くは「AGA」を発症している可能性が大です。

AGAの原因としては、遺伝や男性ホルモンの影響、

さらには生活習慣の乱れなどが主なものとして考えられています。

AGAの最大の特徴は症状が進行し続ける点です。

放置しておけばどんどんと髪の毛は薄くなり範囲も広がっていきます。

それ故、髪の毛に違和感を覚えたら…、

すぐにでも対処を行うことがAGAの改善には不可欠なのです。

AGAの対処法としては…、自宅で自己流に治療する方法もありますが、

より高い効果と安全性を求めるなら、やはり病院に相談するのが一番でしょう。

AGAの治療薬として科学的にも効果が実証されている薬としては、

「ミノキシジル」と「フィナステリド」の二種類がありますが、

どちらも個人輸入などを利用すれば処方箋なしでも服用することは可能ですが、

とは言え基本はどちらも医師の指導のもとで服用することが推奨される薬なので、

下手に自己判断するよりも、治療は専門病院の医師の指導を仰いだほうがあらゆる面で安心・効果的なはずです。

AGAかな?と思ったら…、先ずはお医者さんに相談してみましょう。